佐貫駅

 

1900年(明治33)龍崎蒸気軽便鉄道(現在の関鉄竜ヶ崎線)の乗り換え駅として開業。駅名は竜ヶ崎市佐貫町の所在地に拠る。ミレニアム2000年は佐貫駅にとっても100周年の記念すべき年である。
年々竜ヶ崎ニュータウンからの利用者が増え、今では取手、牛久に次ぐ県下三番目の乗降客を誇っている。(未確認) 
朝夕の特急フレッシュひたち号が数本停車するが、通勤快速は何故か通過駅となっている。
駅東口は広々としたロータリーがあり、人と車の往来は頻繁であるが、不思議とお店が少なく、目立つのは不動産屋とビジネスホテルのみである。
東西の駅前は閑静な住宅地となっていて、一戸建てやマンションが軒を並べている。近年(平成11年)、6号線寄りに大型ホームセンター・トステムビバが誕生、駅前の商業不毛地帯が一気に変わりつつある。

バス路線のご案内
東口からニュータウン長山行き、ニュータウン久保台行き、ニュータウン龍ヶ岡(藤ケ丘5丁目)行きの3路線があり、西口から双葉団地行きが出ている。ショッピングセンターサプラに行かれる方は長山行き及び久保台行きのどちらでも結構ですが久保台行きの方が便利です。蛇沼公園、女化神社に行かれる方は長山行きに乗車して下さい。たつのこ山に行かれる方は龍ヶ岡行きに乗車してください。

 

 

佐貫駅東口 広々とした東口駅前ロータリー

 

関鉄竜ヶ崎線佐貫駅 出発を待つ竜ヶ崎行きジーゼルカー

 

  

 

Home