戻る

文学で観る牛久沼

投げ込まれた一つの石は波紋となり、大きな輪を描く
夕陽に照らされて波紋はやがて、牛久沼の詩情となる。

はじめに

犬田 仰
その一
その二
秘蔵随筆一
秘蔵随筆二
秘蔵随筆三
秘蔵随筆四
秘蔵随筆五
秘蔵随筆六

住井すゑ
その一
その二
向い風一
向い風二
向い風三
野づらは星あかり一
野づらは星あかり一
野づらは星あかり一

増田れい子
母、住井すゑその一
母、住井すゑその二

沢 ゆき
その一
その二
その三

特別編
鬼平犯科帳雲竜剣一
鬼平犯科帳雲竜剣二
鬼平犯科帳雲竜剣三
鬼平犯科帳雲竜剣四